ニュース

ホーム > ニュース > 岡村彩子さん(大学院自然科学研究科)が第71回日本動物学会中国四国支部大会若手研究者優秀発表賞を受賞しました

岡村彩子さん(大学院自然科学研究科)が第71回日本動物学会中国四国支部大会若手研究者優秀発表賞を受賞しました

【 受賞者名 】 大学院自然科学研究科生物科学専攻M1・岡村彩子
【 賞の名称 】 第71回日本動物学会中国四国支部大会 若手研究者優秀発表賞
【 受賞年月日 】令和元年5月12日(日)


2019年5月11日(土)~12日(日)に広島大学東広島キャンパス(東広島市)で行われた2019年度中国四国地区生物系三学会合同大会(広島大会)第71回日本動物学会中国四国支部大会において,大学院生の岡村彩子(おかむら あやこ)さんが若手研究者優秀発表賞を受賞しました。
 若手研究者優秀発表賞は,「支部大会において学術性,独創性,表現性において優秀な発表を行った若手研究者を表彰する」もので,毎年1~2名の若手研究者に与えられます。受賞タイトルは,「ニワトリにおける遅羽性の分子メカニズム」です。養鶏において雌雄鑑別に広く用いられている遅羽性の仕組みを分子生物学的手法を用いて解明した本研究成果は,学術性や独創性が高いと評価され,今回の受賞となりました。

表彰状を手にする岡村さん

<お問い合わせ>
大学院自然科学研究科(理学部)
教授 竹内 栄
(電話番号)086-251-7868
(FAX)  086-251-7876