ニュース

ホーム > ニュース > 上田涼太さん(大学院自然科学研究科)が第31回日本行動神経内分泌研究会(JSBN)優秀発表賞を受賞しました

上田涼太さん(大学院自然科学研究科)が第31回日本行動神経内分泌研究会(JSBN)優秀発表賞を受賞しました

【 受賞者名 】 大学院自然科学研究科生物科学専攻(理学部附属臨海実験所)M1・上田涼太
【 賞の名称 】  第31回日本行動神経内分泌研究会(JSBN) 優秀発表賞
【 受賞年月日 】 令和元年9月4日(水)

内容:
2019年9月2日(月)~4日(水)にセミナープラザ ロイヤルフジ(山梨県)で行われた第31回日本行動神経内分泌研究会(JSBN)において,上田涼太(うえだ りょうた)大学院生が優秀発表賞を受賞しました。
 優秀発表賞は,「研究会において学術性,独創性,表現性において優秀な発表を行った若手研究者を表彰する」もので,毎年1~2名の若手研究者に与えられます。受賞タイトルは,「交尾経験は視床下部腹内側核オキシトシン受容体系に作用し、雄ラットの性的活発性と摂食行動を変化させる」です。オキシトシン受容体関連の遺伝子改変ラットを用いて,光遺伝学(optogenetics)などの先端技法を駆使してオキシトシンの脳内作用機序を明らかにした本研究成果は,本大会で独創的なものと評価され,今回の受賞となったものです。 



受賞する上田涼太 大学院生(左)



賞状と記念撮影,上田涼太 大学院生(右)坂本浩隆 准教授(左)

<お問い合わせ>
大学院自然科学研究科(理学部附属臨海実験所)
准教授 坂本 浩隆
(電話番号)0869-34-5210
(FAX)  0869-34-5211