Research Groups

Japanese LEMSUPER partners

Iwasa

東京大学 岩佐義宏

岩佐教授(日本側プロジェクトリーダー)のグループは、電子相の電場制御による探索的な研究を行う。 特に、電界効果トランジスタおよび電気2重層トランジスタを用いた軽元素分子性化合物の電場誘起絶縁体・金属転移および 超伝導の発現を目的とする。 さらに、電気化学合成による新しいバルクインターカーレーション相の探索も行う。

Aoki

東京大学 青木秀夫

青木教授のグループは、軽元素超伝導体における理論研究に取り組む。 さらに、超伝導発現が電子構造に敏感であることから、より高い転移温度を持つ超伝導体の設計指針を追求し、 強相関電子系における物質設計を提案する。

Akimitsu

青山学院大学 秋光純

秋光教授のグループは、軽元素で構成された新物質を探索し超伝導転移温度のブレークスルーを目指す。 目標は、(1)軽元素で構成されている中心対称性を持たない超伝導物質の実現、 (2)クラスター構造を持つ物質でクラスター間相互作用の制御による超伝導化、 (3)ボロン、炭素、酸素等でネットワーク構造を持つ物質の超伝導化、である。

Kagayama

大阪大学 加賀山朋子

加賀山教授のグループは、分子性および軽元素物質において超高圧下での結晶構造や輸送特性の評価を行う。 特に、電気抵抗とX線構造解析の同時測定を使用し、軽元素で構成される単ー分子性結晶の圧力誘起超伝導性の探索、 ドーピングされた分子系における圧力誘起超伝導、高圧における分子結晶の構造解析、の研究を行う。

Kubozono

岡山大学 久保園芳博

久保園教授のグループは,芳香族炭化水素超伝導体や炭素を基本とした超伝導体(フラーレンやグラファイト、ダイヤモンド)などの合成や物性評価を行う。 化学ドーピング、液相合成法や電界効果ドーピングなどの様々な手法を用いて、新たな超伝導体の開発を目指す。

EU LEMSUPER Partners

Kosmas Prassides

Kosmas Prassides

Prassides 教授(欧州側プロジェクトリーダー)のグループは、合成された新たな軽元素物質の構造と物性評価、 放射光/中性子/ミューオン施設を利用した回折および分光手法を用いて常圧および高圧における新たな結晶構造や電子状態を研究する。
University of Durham,
United Kingdom

Matthew J. Rosseinsky

Matthew J. Rosseinsky

Rosseinsky 教授のグループは、インターカーレーションや電界効果デバイスに適用する新たな分子性結晶を開発する。 また、新たな超伝導体を見出すための合成手法を開発する。
University of Liverpool,
United Kingdom

Denis Arčon

Denis Arčon

Arčon 教授のグループは、本プロジェクトで見出された新物質の微視的な物性評価を磁気共鳴法を用いて行う。 常圧および高圧下の磁気共鳴法を用いた新たな電子状態の研究、および電界誘起超伝導体の電子状態を磁気共鳴法を用いて研究する。
Institute "Jozef Stefan",
Slovenia

Erio Tosatti

Erio Tosatti

Tosatti 教授のグループは、分子性および軽元素物質における絶縁体・超伝導転移に関連した多体効果、強相関効果、Jahn-Teller効果 について理論的な研究を行う。また、電気2重層界面における電子状態や軽元素物質における圧力誘起超伝導転移について研究を行う。
Scuola Internazionale Superiore di Studi Avanzati,
Italy

Claudia Felser

Claudia Felser

Felser 教授のグループは、新たな軽元素分子性物質の合成を行うとともに、これらの新物質の角度分解光電子分光の研究を行う。
Johannes Gutenberg Universitaet Mainz,
Germany

EU group consortium website: http://lemsuper.eu/consortium