ホーム > 同窓会について


学部長挨拶


 岡山大学理学部同窓会は2012年3月に設立され,皆様のご協力によりその機能化が順次進んでいます。理学部は1949年の創設以来,自然界の諸法則の発見・理解とその体系化を目指し,基礎学術の発展とその将来を担う学生の教育を受け持ってまいりました。この理学部としての教育と研究の役割は変わることなく継続し,現在では600名の学生収容定員を擁する学部へと成長してまいりました。

 近年,理学部では多くの個人や小グループの活躍により,世界をリードする研究が進められ,それらの研究成果は高く評価されています。事実,全国の22大学の1つに選抜されたResearch Univ.における研究プロジェクトでは,理学部に関係の深いエネルギー環境新素材拠点・光合成研究センター・量子宇宙研究センターが中心的役割を担い,また教育関係共同利用拠点の臨海実験所は研究資源の提供でも貢献しています。

 理学部同窓会初代会長の山本啓司元学部長が本年1月にご逝去されました。そのために,新会長の人選をすすめ,本学部出身の本水昌二名誉教授に就任いただきました。山本先生は,本会の設立や運営への献身的なご尽力により,同窓会の基礎を築いてくださいました。山本先生のご功績に感謝申し上げるとともに,ご冥福をお祈りいたします。理学部卒業生の皆様が本同窓会のもとで交流や情報交換により一層の親睦が深められ,皆様と同窓会が益々発展されることをお祈りいたします。また,今後とも理学部に対して温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。



岡山大学理学部長
 田 中 秀 樹
                                     



                                                                個人情報の取り扱いについて